契約不動産の保証金について

皆さんがご自身の居住目的であれ事務所や倉庫などの商用目的であれ賃貸契約を結ばれるとその中にはいくつかの必要とされる費用が存在します。
たとえば、不動産の保証金もその一つです。


地域によっては、これを敷金と呼ぶ場合もありますが、意味合いは同じです。

では、なぜこれらの費用が必要かという事ですが、意味合いとしては、借主側が契約を守ることを担保するためのに借主が貸主に対し契約満了時までの間、無利息でお金を預けるという費用になります。

当然の事ですが、貸主は契約満了後に無利息で借主に返還しなければいけない費用でもあります。

また、契約不動産の保証金の相場ですが、物件によっても異なりますが貸家の場合は、家賃の3ヶ月分から10ヶ月分の範囲で物件ごとに定められている場合が多いです。たとえば、この費用の必要性を貸主側の立場に立って考えた場合、賃貸期間中に家賃の滞納があり滞ったまま退去されてしまうリスクがあります。


その場合、回収出来なければ大損です。修繕費用と滞納分を合わせると回収出来ない場合も発生する可能性があります。
また、借主側には貸家の場合、賃貸期間中は、善管注意義務がありますし、退去時に現状回復という義務もあります。

そこで契約不動産の保証金が契約満了時にそれらの費用と相殺されて返金されるのが通例です。


また、借主側に立って考えた場合、誰しも故意に賃貸物件に対して傷や汚れ等を付ける事はしないのですが長年住んでいれば不注意は少なからずあるものです。



さらに、退去時には、クリーニング費用や破損部分の補修修繕費も請求される可能性もあります。



契約不動産の保証金からそれら費用を相殺するので退去時の資金計画の面からもお勧めな制度です。



ただし、相殺される場合は、貸主側は相殺根拠となる具体的な説明をしっかりと行い、借主側は疑問に感じたら納得行くまで曖昧にせず説明を受ける事がトラブル回避の上でも大切な事です。